本文へスキップ

マダムシンコ 激うまバウムクーヘン マダムブリュレ

全国のおいしいものを通販でお取り寄せ!

マダムシンコの激うまバウムクーヘン「マダムブリュレ」

マダムシンコのマダムブリュレ

「マダムブリュレ」が、ものすごく人気です!

マダムシンコの「マダムブリュレ」が楽天市場でものすごく人気です。口コミが、なんと20,000件以上!「マダムブリュレ」って食べたことないけど、名前は知ってるし、おいしいらしい!こんな人もたくさんです。

だから、一度は食べてみたいと思っている方も多いでしょう!

マダムシンコのマダムブリュレとは?

マダムシンコ バウムクーヘン「マダムブリュレ」

「マダムブリュレ」は、赤砂糖をキャラメリゼしたパリパリ食感のバームクーヘンです。しっとりとしたバームクーヘンとキャラメリゼされた香ばしい赤砂糖が絶妙の組み合わせで、食べると、香ばしい赤砂糖の食感に、まず驚きです!

この「マダムブリュレ」は、最初は大阪のお土産として有名になり、テレビや雑誌で取り上げられたり、芸能人にも熱烈なファンがいたりで、注文して数か月待ちになるほど話題になりました。

「マダムブリュレ」は、マダムシンコが考案したオリジナルのバウムクーヘンです!

「マダムブリュレ」は、焼きあがったバウムクーヘンの上面に「キャラメリゼ」を何重にも重ねて作られたものです。その上にかかっているメープルシロップの状態は、常温・冷蔵・冷凍で色々と変化することで、バウムクーヘンと絶妙に絡み合い、その味も変わってくるという、七変化のようなスイーツ。

実はこのスイーツが誕生した陰にはマダムシンコのその波乱万丈ともいえる人生が関係していたのでした。

大阪北摂にあるマダムシンコのお店が、おどとくほどの人気!

「マダムブリュレ」を買いたくても、お店の前には行列ができるほどの人気ぶり!

ヒョウ柄がメインの「マダムシンコ」のお店↓ かなり派手ですね。マダムシンコのお店

デパートの催事場では、10分で400個完売した「マダムブリュレ」ですから、驚きです。その他にも、バウムクーヘン、とんがりシューなど人気のお菓子がそろっています。

「マダムシンコ」のお店が近くにない方は、ネット通販でお取り寄せができます。通販でも店舗と同じ値段で買うことができますから交通費が省けます。

ネットで購入する場合はこちらからできます
>> マダムシンコのマダムブリュレ

「マダムシンコ」の「マダムブリュレ」 口コミは?

この「マダムブリュレ」の口コミは、すごいですね。五つ星のオンパレードです!
美味しい!とにかく美味しい!すごく美味しい!と、美味しい美味しいの連発です!
平均評価が、なんと!★★★★★ 4.92

マダムシンコ マダムブリュレ 口コミ

食べてみてどうだった?

「マダムブリュレ」をネット通販で取り寄せると、

パッケージも素敵で、ぱっと目を引くオレンジの箱を開けると内側は、ヒョウ柄とおしゃれで斬新なデザインが、まさにマダムシンコ!ヒョウ柄をここまで使うと、たいてい嫌味になりますが・・・。ま、好き好きで・・・。

バウムクーヘンにメープルシロップを染み込ませ、表面をキャラメリゼを何重にも重ねています。こげ具合が香ばしく、カリカリとした食感もよく、ほんとうに美味しいですね。表面はかりっとしていて、生地はふわっとしていて、バウムクーヘンも丁寧に焼き上げられている感じです。

一番おいしい食べ方はこれだ!

おそらく、一番おいしい食べ方としては、レンジで20秒ほど暖めると、さらにふわふわになって美味しくなりますので、おすすめです。

なお、カラメル部分が甘いので、全体的に甘すぎるという感想を持つ方もいるかもしれませんが、甘いもの好きな私には、ちょうどよいくらいです。

バウムクーヘンにメープルシロップをかけて焦がしたお菓子なんて、はじめてで、幸せに美味しかった。

商品データ

  • 価格:バウムブリュレ(マダムブリュレ):1箱1470円
      (バウムクーヘンS1365円、M2100円、L3150円)
  • 賞味期限:未開封要冷蔵で10日間、開封後は4-5日
  • 送料:全国一律900円(沖縄・北海道は1300円)
  • 支払い方法:クレジットカード、代金引換、銀行振込、楽天バンク決済
  • メディア紹介:テレビ「ちちんぷいぷい」「おはよう朝日」「きらきらアフロ」「ひるおび」「ごきげんよう」雑誌「あまから手帖」「関西ウォーカー」「CanCam」「笑っていいとも!」など他テレビ、雑誌ラジオなど多数

マダムシンコの3大スイーツ 特におすすめのスイーツです

マダムシンコのマダムブリュレ

マダムブリュレ

1,500円(税抜)

バウムの表面にメープルシュガーとフランス産カソナード(赤砂糖)をたっぷりしみ込ませたキャラメリゼです。冷やすと飴がパリパリになり、温めると、飴がしっとりと生地に染み込んで濃厚な甘さになります。


マダムシンコのバウムクーヘン

バウムクーヘン

S 1,405円(税抜)M 2,160円(税抜)

一見、伝統的なバウムクーヘンですが、マダムシンコのこだわりのバウムクーヘンは、厳選した良質な素材を使い、職人が一層一層細かく焼き加減を微調整することで、「しっとり」と「ふわふわ」のふたつの食感を生み出しています。


マダムシンコのとんがりシュー(シュークリーム)

とんがりシュー(シュークリーム)

1つ 360円(税抜)

マダムシンコのシュークリームです。シュークリームにしては、たいへんユニークな形です。ソフトクリームのようなシューの中に、メープル風味のとろ~りカスタードが溢れるようにぎっしりつまっています。

▼【関連記事】

マダムシンコこと川村信子さん・・・どんな人?

マダムシンコ、こと川村信子について、まとめてみました。

  • 幼少期は、大阪の貧しい家庭ではあるが、両親の愛情を受けて育つ。
  • 18歳で喫茶店をオープン。不動産や高級クラブ、貴金属の販売を経て上京し、ホステスとして成功。
  • その後、「銀座シンコ」というクラブをオープン。そのクラブの面接で出会った現社長の川村幸治さんと結婚しました。
  • 焼肉店も7店舗ほど展開するなど経営は順調。しかし、1号店が全焼したり、BSEによる輸入牛肉規制のあおりを受けて閉店する。
  • その後、バウムクーヘンにメープルシロップをかけて焦がりをつけるというスイーツ「マダムブリュレ」を考案しました。
  • 洋菓子店「マダムシンコ」をオープンし、マダムブリュレを販売。これが大盛況で、一挙に年収16億円を稼ぐまでに至ります。
  • 現在では、箕面本店、彩都店、アトリエ、川西阪急百貨店、阪急北花田店、大丸梅田店等に店を構えています。

マダムシンコがバウムクーヘンを作った理由とは?

マダムブリュレは、パティシエのクーデターがきっかけで誕生

マダムシンコのブランドが誕生したのは2006年のことです。看板商品はもちろんバウムクーヘン。実は、ブランドオープンから看板商品が誕生するまでの間に、マダム信子氏の経営理念がパティシエと衝突し、全パティシエがお店に出てこないという事態が勃発したということです。

パティシエが出てこない状態では商品が作れず、困惑していたマダム信子氏でしたが、手元に一台だけあったバウムクーヘンの製造機を見て、これなら自分にも作れると一念発起。作り方を覚えて自作をし始めたことが、マダムシンコの快進撃の始まりでした。

現在ではプロの職人が匠の技で生地を焼き重ねていくことで、絶妙な焼き加減を実現しています。また、マダムブリュレは年輪がないのも特徴で、中央の層はしっとりと堅めに作り、外側はふんわりと軽めに仕上げているので、異なるふたつの食感を堪能することができます。